〈社会〉への知/現代社会学の理論と方法  上 (理論知の現在)

盛山和夫, 土場学, 野宮大志郎, 織田輝哉 編著

国家でも家族でもない、他ならぬ「社会」こそラディカルな問題である。ポスト・グランドセオリーの時代における社会学の「理論と方法」を求めて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「社会」への知の理論をめざして
  • 第1部 理論知の構築(構想としての探求-理論社会学の再生
  • 古典理論の再構成-社会学の理論構成
  • 権力理論のロジック-社会学の説明形式)
  • 第2部 理論知の射程(「社会性」の起源・序-個と社会
  • 閉じえぬ言及の環-意味と社会システム
  • 合理的選択理論-行為と合理性
  • 秩序問題への進化論的アプローチ-秩序と規範性
  • こうもあれることのりくつをいう-境界の規範
  • ポスト・ハーバーマスの批判社会学-理論と実践)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈社会〉への知/現代社会学の理論と方法
著作者等 土場 学
盛山 和夫
織田 輝哉
野宮 大志郎
書名ヨミ シャカイ エノ チ ゲンダイ シャカイガク ノ リロン ト ホウホウ
書名別名 理論知の現在
巻冊次 上 (理論知の現在)
出版元 勁草書房
刊行年月 2005.8
ページ数 201p
大きさ 22cm
ISBN 4326601884
NCID BA73261111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20863827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想