魚の形を考える

松浦啓一 編著

魚の形は多種多様である。「魚の形」を化石、発生系統と分類、稚魚などの様々な角度から紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 形に見る魚の多様性
  • 2章 魚類化石の形を考える
  • 3章 多様な形がどのようにできあがるか-コイ科魚類の咽頭歯
  • 4章 両眼が片側にある魚たち-カレイ目魚類:その多様性と進化
  • 5章 形から考えるカサゴ目の単系統性
  • 6章 顎が出る話
  • 7章 子供から大人へ大変身する魚たち
  • 8章 形態による分岐図は何を表す?-タンガニイカ湖産シクリッドを例に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魚の形を考える
著作者等 松浦 啓一
書名ヨミ サカナ ノ カタチ オ カンガエル
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2005.8
ページ数 286p
大きさ 21cm
ISBN 4486016742
NCID BA73259867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20863133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想