犯罪被害者と少年法 : 被害者の声を受けとめる司法へ

後藤弘子 編著

[目次]

  • 第1部 犯罪被害者と少年法(相対立する見方
  • 刑事手続における被害者の地位
  • 被害者の「発見」 ほか)
  • 第2部 犯罪被害者の声(死んだ子の命を意義のあるものに
  • 被害者の声を生かした世の中に
  • 許されない、命の終わり ほか)
  • 第3部 少年法のこれまで・これから(改正少年法の成立
  • 非行事実認定手続の適正化-第一の柱
  • 少年事件の処分等のあり方の見直し-第二の柱 ほか)
  • 巻末資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪被害者と少年法 : 被害者の声を受けとめる司法へ
著作者等 後藤 弘子
書名ヨミ ハンザイ ヒガイシャ ト ショウネンホウ : ヒガイシャ ノ コエ オ ウケトメル シホウ エ
出版元 明石書店
刊行年月 2005.8
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4750321419
NCID BA73259437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20916065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想