教育/家族をジェンダーで語れば

木村涼子, 小玉亮子 著

女の子/男の子/母親/父親…『らしさ』の枠をあらためて問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教育/家族をジェンダーで語れば(個人と差異と-アメリカの小学校で
  • 名前の重さ
  • 名前と社会のさまざまな関係
  • スカートとズボンのなぞ
  • 「降りる」ことの難しさ ほか)
  • 2 教育/家族とジェンダー(女は理系に向かないのか-科学技術分野とジェンダー
  • 子どもたちが何を望んでいると語られてきたのか-社会調査言説から見える子どもと家族の現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育/家族をジェンダーで語れば
著作者等 小玉 亮子
木村 涼子
書名ヨミ キョウイク カゾク オ ジェンダー デ カタレバ
書名別名 Kyoiku kazoku o jenda de katareba
出版元 白澤社 : 現代書館
刊行年月 2005.8
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 476847912X
NCID BA73249193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20839651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想