ケアの社会倫理学 : 医療・看護・介護・教育をつなぐ

川本隆史 編

ケアから現代社会を問い直すことで何がみえてくるのだろうか。医療・看護・介護の営みを「ケア」という視角から批判的かつ統一的に把握し、新しい論点を提示する。さらに従来の「生命倫理」の教育を反省するパートを設け、従来の生命倫理学の枠組みを超える、「ケアの社会倫理学」を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「ケアの社会倫理学」への招待
  • 1 医療とケア(子ども・医療・ケア
  • 高齢者医療とケア ほか)
  • 2 看護とケア(実践知としてのケアの倫理
  • 感情労働としてのケア ほか)
  • 3 介護とケア(介護の町内化とエロス化を
  • ケアの淵源 ほか)
  • 4 生命倫理教育の反省(生命倫理教育の反省
  • 学校で話したこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアの社会倫理学 : 医療・看護・介護・教育をつなぐ
著作者等 川本 隆史
書名ヨミ ケア ノ シャカイ リンリガク : イリョウ カンゴ カイゴ キョウイク オ ツナグ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.8
ページ数 369, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4641280975
NCID BA73212207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20864741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想