おおさか図像学 : 近世の庶民生活

北川央 編著

近世大坂にタイムトラベル。大阪城天守閣収蔵史料でみる町の様子と人々の暮らし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 町の成り立ち(江戸時代の大坂図-「お上」が町の東に
  • 古代のイメージ-大阪市内の島々
  • 浪花と大坂-江戸時代には現在と違う範囲 ほか)
  • 第2章 暮らしとなりわい(水の都・大坂-「水屋」という商売も
  • 公衆トイレ-憧れの京女が立ち小便
  • 雁木-人と水を結びつける場 ほか)
  • 第3章 にぎわう観光、風物詩(川崎東照宮-祭礼は"浪花随一の紋日"
  • 蔵屋敷の神様-大変なご利益がある
  • 巡礼-江戸、京都をしのぐ三十五種類 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おおさか図像学 : 近世の庶民生活
著作者等 北川 央
書名ヨミ オオサカ ズゾウガク : キンセイ ノ ショミン セイカツ
書名別名 Osaka iconology
出版元 東方
刊行年月 2005.8
ページ数 176p
大きさ 19cm
ISBN 4885919568
NCID BA73204515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20849042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想