こころの病を生きる : 統合失調症患者と精神科医師の往復書簡

佐野卓志, 三好典彦 著

[目次]

  • ぼくの病気-「脳の病気」ではなく、「こころの病気」であることは明らかです
  • 提案-お互いに文章をやりとりしませんか。「往復書簡」にしましょう
  • 孤独-寂しかったです。世界中でぼくが一番不幸だと感じていました
  • 危機のなか-私にとっては、その夢こそが統合失調症理解の原点です
  • 発病-恐竜の骨や悪魔が出てきて、朝方ぼくは悪魔の子を出産しました
  • こころ-統合失調症になっても変わらぬものが精神の内側にあります
  • 癒し-孤独が病を促進させるとしたら、癒しは病からの回復を促します
  • 出立の病-「誰にも頼らずに生きようとしている姿」をみてしまいます
  • 入院-医者は患者の理性に働きかける「誠意」を処方すべきだと思います
  • 甘え-この要素がなければ人とのつながりを回復することは不可能です〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの病を生きる : 統合失調症患者と精神科医師の往復書簡
著作者等 三好 典彦
佐野 卓志
書名ヨミ ココロ ノ ヤマイ オ イキル : トウゴウ シッチョウショウ カンジャ ト セイシンカ イシ ノ オウフク ショカン
出版元 中央法規
刊行年月 2005.8
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 4805826185
NCID BA73172805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20846684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想