復興計画 : 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで

越澤明 著

日本の都市は街路が狭く、木造家屋が密集し、公園などオープンスペースに乏しい歴史的な都市形態をしていることが多い。そのため、自然災害や大火などによって甚大な都市災害が引き起こされた。地震、戦争、そして明治以降頻発した大火で崩壊した諸都市は、どのような復興計画を立案し、実行してきたのか。安全で暮らしやすい都市環境の整備に知恵と努力を注いだ、近現代日本の復興の歴史を辿り、今後の都市づくりを展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幕末・明治の大火復興
  • 第2章 関東大震災と帝都復興
  • 第3章 一九三〇年代の都市計画と大火復興
  • 第4章 防空、防火改修、建物疎開
  • 第5章 戦災復興事業
  • 第6章 都市の不燃化、耐火建築の促進
  • 第7章 阪神・淡路大震災の復興計画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 復興計画 : 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで
著作者等 越沢 明
書名ヨミ フッコウ ケイカク : バクマツ メイジ ノ タイカ カラ ハンシン アワジ ダイシンサイ マデ
書名別名 Fukko keikaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.8
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 4121018087
NCID BA73117487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20892998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想