人間の終焉 : テクノロジーは、もう十分だ!

ビル・マッキベン 著 ; 山下篤子 訳

際限のないテクノロジーの進歩や経済の拡大を続ける今日の社会。人間も、どこまでも成長を続けなくてはいけないのだろうか?それとも、「これで十分だ」と言うことができるのだろうか?言うべきなのだろうか?遺伝子操作、ナノテクノロジー、ロボット工学。科学技術により激変する未来を見据えて今、何を志向すべきかを問う画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行きすぎ(人間であることの意味
  • 人間の体を変える-ヒト遺伝子操作 ほか)
  • 第2章 さらに(急速に進むテクノロジー
  • ムーアの法則 ほか)
  • 第3章 もう十分か?(現状は本当に十分なのか
  • 人間という存在 ほか)
  • 第4章 「もう十分」は可能か?(テクノロジーの統制
  • 統制は可能か ほか)
  • 第5章 もう十分だ(テクノ熱狂者の信条
  • 抑制という力-「ノー」といえる人間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の終焉 : テクノロジーは、もう十分だ!
著作者等 McKibben, Bill
山下 篤子
マッキベン ビル
書名ヨミ ニンゲン ノ シュウエン : テクノロジー ワ モウ ジュウブン ダ
書名別名 Enough

Ningen no shuen
出版元 河出書房新社
刊行年月 2005.8
ページ数 325, 26p
大きさ 20cm
ISBN 4309251943
NCID BA73116553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20856128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想