ヴェネーツィアと芸術家たち

山下史路 著

旅が現在ほど容易ではなかった時代、また一生海を見ないことが珍しくなかった時代、音楽家、作家、画家たちは、この果てしなく海の広がる「水の都」でどんなインスピレーションを授かり、光輝く「南の国」はいかなる影響を彼らに与えたのか?貴族の庇護、ゴンドラの死のイメージ、陽気な祭の即興、迷路を思わせる運河と路地…。モーツァルト、ゲーテ、ワーグナー、そしてヴェネーツィア出身のヴィヴァルディら八人の人生と芸術を辿りつつ、この街の魅力を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仮面をつけたモーツァルト
  • 第2章 奔放に、愛に生きたゲーテ
  • 第3章 安息の地を求めたワーグナー
  • 第4章 死に囚われたチャイコフスキー
  • 第5章 イタリアに恋したスタンダール
  • 第6章 光に包まれたティツィアーノ
  • 第7章 スキアヴォーニの四季とヴィヴァルディ
  • 第8章 街が舞台のゴルドーニ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェネーツィアと芸術家たち
著作者等 山下 史路
書名ヨミ ヴェネーツィア ト ゲイジュツカタチ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4166604570
NCID BA73114864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20854899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想