教育を拓く : 教育改革の二つの系譜

堀尾輝久 著

未来世代に示された教育の理念。この未完のプロジェクトをいかに担い引き継ぐか。戦後改革の理念と戦後教育の展開を構造的にとらえ、時代に逆行する政治・経済界の改革論に抗し、子どもの権利を軸にした公教育のあり方を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の教育、この一〇〇年・総括と展望-平和・自由・人権と公共性
  • 1 戦後改革の精神
  • 2 教育における「能力主義」の問題性
  • 3 臨教審と教育改革
  • 4 教育改革と教育基本法
  • 5 私たちのめざす教育改革
  • おわりに-教育改革の二つの系譜と展望
  • 資料 未来世代へのメッセージ-地球時代の入り口に立って(日本の教育改革をともに考える会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育を拓く : 教育改革の二つの系譜
著作者等 堀尾 輝久
書名ヨミ キョウイク オ ヒラク : キョウイク カイカク ノ フタツ ノ ケイフ
出版元 青木書店
刊行年月 2005.8
ページ数 419p
大きさ 20cm
ISBN 4250205215
NCID BA73080875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20945812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想