靖国問題の原点

三土修平 著

賛成派・反対派の激しい対立に与しえず、でも戦死者の公的追悼は当然と思う人に。問題の「なぜ」を歴史・宗教・社会学から解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何が問われているのか
  • 第2章 「謀略史観」と「せっかく史観」
  • 第3章 靖国問題の歴史的推移
  • 第4章 「三つ巴」や「ねじれ」の構図
  • 第5章 「公」と「私」の日本的構造
  • 第6章 靖国神社戦後改革の真相
  • 第7章 靖国神社はどこへ行く?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 靖国問題の原点
著作者等 三土 修平
書名ヨミ ヤスクニ モンダイ ノ ゲンテン
出版元 日本評論社
刊行年月 2005.8
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4535584532
NCID BA73060288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20840416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想