サバがトロより高くなる日 : 危機に立つ世界の漁業資源

井田徹治 著

日本は世界一の魚消費国。しかし生産量(漁獲+養殖)ではすでに世界第6位まで落ちている。乱獲が進み、養殖も環境破壊など問題山積。私たちはいつまで魚を食べ続けることができるのか。身近な話題でありながら、知られてこなかった現実を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 乱獲の実態(海から魚がいなくなる?
  • マグロ ほか)
  • 第2章 養殖は漁業を救えるか(養殖の可能性と問題
  • オーストラリアでのマグロ畜養の成功 ほか)
  • 第3章 不当表示と代用品(貝の不当表示は当たり前?
  • ウナギの偽装も多発 ほか)
  • 第4章 漁業の明日(持続可能な漁業をどうやって実現するか
  • 地球温暖化が脅威に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サバがトロより高くなる日 : 危機に立つ世界の漁業資源
著作者等 井上 治代
井田 徹治
書名ヨミ サバ ガ トロ ヨリ タカクナル ヒ : キキ ニ タツ セカイ ノ ギョギョウ シゲン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2005.8
ページ数 280p
大きさ 18cm
ISBN 4061498045
NCID BA7305481X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20854889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想