虎屋和菓子と歩んだ五百年

黒川光博 著

室町時代に京都で創業し、五世紀にわたり和菓子の最高級ブランドであり続けてきた虎屋。羊羹で知られる老舗の顧客は、歴代天皇や皇族をはじめ、将軍、大名、財閥や陸海軍、やがては大衆へと広がっていった。それはまさに、時代の中心の変遷でもある。虎屋の菓子を愛した人々と、その菓子を創り守った人々のエピソードを通じて十七代当主が綴る「人と和菓子の日本史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 御所御用を勤めて(御用菓子屋の顔ぶれ
  • 後陽成天皇と秀吉 ほか)
  • 第2章 将軍から財閥へ(寛永文化サロン
  • 食篭と井篭 ほか)
  • 第3章 和菓子が結んだご縁(聖一国師と饅頭伝来
  • 西鶴と「虎屋のようかん」 ほか)
  • 第4章 虎屋の人々(屋号の由来
  • 先祖を探して ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虎屋和菓子と歩んだ五百年
著作者等 黒川 光博
書名ヨミ トラヤ ワガシ ト アユンダ ゴヒャクネン
書名別名 Toraya wagashi to ayunda gohyakunen
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 4106101327
NCID BA73019921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20849692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想