戦後教育で失われたもの

森口朗 著

戦後日本はひたすら走り続け、空前の繁栄を実現した。だが、今の社会は本当に我々が望んだ姿なのだろうか。己の力を顧みず、夢を追うと言いながら親に寄生する。努力せず不平等を嘆き、世の不条理にすぐに挫けてしまう。気がつけば、そんな幼稚で情けない日本人が増えすぎてはいないか-。日本人から常識と生きる力を奪った全ての元凶、「戦後教育」の罪を炙り出し、解決策を提言する警世の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二周目の挫折、三周目の破綻
  • 第2章 「宿命」を受け入れる潔さ
  • 第3章 「不条理」を生きぬく図太さ
  • 第4章 「日本人」であることの誇り
  • 第5章 「大人」を取り戻すために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後教育で失われたもの
著作者等 森口 朗
書名ヨミ センゴ キョウイク デ ウシナワレタ モノ
書名別名 Sengo kyoiku de ushinawareta mono
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4106101297
NCID BA73014768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20849689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想