ハルビン・カフェ

打海文三 著

福井県西端の新興港湾都市・海市。大陸の動乱を逃れて大量の難民が押し寄せ、海市は中・韓・露のマフィアが覇を競う無法地帯と化した。相次ぐ現場警官の殉職に業を煮やした市警の一部が地下組織を作り、警官殺しに報復するテロ組織が誕生した。警官の警官による警官のための自警団。彼らは「P」と呼ばれた-。第5回大薮春彦賞を受賞した、著者渾身の最高傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハルビン・カフェ
著作者等 打海 文三
書名ヨミ ハルビン カフェ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2005.7
ページ数 600p
大きさ 15cm
ISBN 4043615027
NCID BA73001303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20846018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想