戦争はいかに地球を破壊するか : 最新兵器と生命の惑星

ロザリー・バーテル 著 ; 中川慶子, 稲岡美奈子, 振津かつみ 訳

戦争は最悪の環境破壊と言われるが、この本を読めば事態がそんな生やさしいことではないことがよく分かる。本書は、核実験からスターウォーズ計画まで含め、核兵器、劣化ウラン弾、レーザー兵器、電磁兵器などによって、惑星としての地球が温暖化や核汚染をはじめとして、いかに破壊されてきているか、いかに破壊されるかを明らかにしている。衝撃的だが、読んで考えるべき本だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦争(二〇世紀最後の一〇年間の戦争)
  • 第2部 研究(上空の研究
  • 宇宙軍事プラン
  • スターウォーズが地球に与える諸問題
  • 戦争行為の引き起こす環境危機)
  • 第3部 安全保障を再考する(新しい世紀における軍事的安全保障
  • 生態学的安全保障)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争はいかに地球を破壊するか : 最新兵器と生命の惑星
著作者等 Bertell, Rosalie
中川 慶子
振津 かつみ
稲岡 美奈子
バーテル ロザリー
書名ヨミ センソウ ワ イカニ チキュウ オ ハカイスルカ : サイシン ヘイキ ト セイメイ ノ ワクセイ
書名別名 Planet earth:the latest weapon of war
出版元 緑風
刊行年月 2005.8
ページ数 413p
大きさ 20cm
ISBN 4846105075
NCID BA72991877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20842199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想