江戸娯楽誌

興津要 著

江戸は娯楽の宝庫であった。軽業、曲独楽、のぞきからくり等、修練の極をしめす街頭の芸人の至芸や珍奇さを売り物にした見世物・大道芸、宝引きや蛍狩りといった四季折々の好楽、大山詣りや富くじ等の信仰と結びついた行事や遊び…。江戸の暮らしに潤いとリズムを与えた娯楽の数々を、庶民の飾らない心の内を映し出す小咄・川柳を配して紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • その1 見世物(軽業
  • 篭抜け ほか)
  • その2 大道芸(万歳
  • 角兵衛獅子 ほか)
  • その3 日常の遊び(髪結床
  • 銭湯 ほか)
  • その4 四季の好楽(宝引き(福引き)
  • 摘み草 ほか)
  • その5 信仰をめぐる楽しみ(初牛
  • 六あみだ詣 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸娯楽誌
著作者等 興津 要
書名ヨミ エド ゴラクシ
書名別名 Edo gorakushi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.8
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 4061597221
NCID BA72991662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20849224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想