記号学への夢 : 1958-1964

ロラン・バルト 著 ; 塚本昌則 訳

演劇や「神話」の批評から転じ、衣服や映画や食物など、さまざまな対象を分析しうる知的道具に目くるめく興奮をおぼえた、バルトの1960年代とは?記号学を求める美しき冒険の軌跡、全52篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブレヒトとわれわれの時代-教育機関誌のためのブレヒト紹介
  • 取り憑かれた俳優という神話-役柄との距離
  • ロジェ・プランションの立場-ヴィルールバンヌ市立大劇場への引越し
  • 『ユビュ王』-ヴィラール演出によるアルフレッド・ジャリの戯曲
  • 反ユダヤ主義は右か、それとも左か?-アンケートへの回答
  • ニューヨーク、ビュッフェ、高さ-アメリカ帰りのバルトのビュッフェ観
  • スキャンダルとは何か?-ラカーズ事件をめぐって
  • 映画右と左-クロード・シャブロルの映画『美しきセルジュ』
  • 食堂車-クック社の車両で食事を
  • 言葉と衣服-モードに関する基本文献の紹介〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号学への夢 : 1958-1964
著作者等 Barthes, Roland
塚本 昌則
バルト ロラン
書名ヨミ キゴウガク エノ ユメ
書名別名 OEuvres completes
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 / ロラン・バルト 著 4
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.8
ページ数 402p
大きさ 21cm
ISBN 4622081148
NCID BA7297136X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20857766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想