破産者たちの中世

桜井英治 著

いつの時代にもあることだが、中世にも巨額の借金をかかえていた人びとがいた。だが、巨額の借金をかかえながらも、彼らは案外したたかに生きていた。自己破産のような法的逃げ道がなかった当時、なぜそれが可能だったのか。本書は中世の金融システムを解き明かしながら、そのなぞに迫ろうという試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • したたかな債務者たち
  • 1 「尾張房料足の事」
  • 2 松梅院禅能の破産
  • 3 有徳人たちの末路
  • 4 金融ネットワーク
  • 5 破産管財の仕組み
  • 6 経営再建は成功したか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破産者たちの中世
著作者等 桜井 英治
書名ヨミ ハサンシャタチ ノ チュウセイ
シリーズ名 日本史リブレット 27
出版元 山川出版社
刊行年月 2005.7
ページ数 102p
大きさ 21cm
ISBN 4634542706
NCID BA72944243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20836136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想