近代日本中国台湾航路の研究

松浦章 著

航路を制するものは世界を制す!明治日本が汽船航路を開発していく道程を詳しく探ることにより、近代日本の海外発展史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代東アジア海域における汽船航運史研究の課題-日本・中国・台湾を中心に
  • 清末中国の交通革命への始動-汽船航運をめぐって
  • 第1編 近代日本の中国航路と台湾航路(清末中国と日本間の汽船定期航路-明治期日本最初の海外定期航路
  • 英国ダグラス汽船会社の台湾航路について-日本の台湾航路前史
  • 1863〜1864年英商ダグラス汽船会社の台湾及び華南航運
  • 日本統治時代初期の台湾と日本間の汽船定期航路)
  • 第2編 清末中国内河汽船航路と日本汽船会社(清末中国における大阪商船会社の長江汽船航運
  • 清末大東汽船会社の江南内河就航について
  • 日本郵船会社長江航路開行前史-清末麦辺洋行(McBain & Co.)長江行輪業
  • 湖南汽船会社の湖南航路-清末中国内河航路と日本汽船)
  • 日清汽船会社による中国内河航路の統合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本中国台湾航路の研究
著作者等 松浦 章
書名ヨミ キンダイ ニホン チュウゴク タイワン コウロ ノ ケンキュウ
出版元 清文堂
刊行年月 2005.6
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 4792405882
NCID BA72900226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20947183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想