漢字の生態学 : 日本語を鍛える漢字力のために

川越泰博 著

さまざまな異称、人名・地名、物事の程度・区別を表す漢字、似ているけれど異なる漢字、百面相のごとき漢字空間を逍遙・散策し、漢字の生態を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 知らなければ、まるで見当のつかない漢字の異称
  • 第2章 異化する人名・地名
  • 第3章 物事の程度・区別を表す漢字
  • 第4章 似ているけれども、異なる漢字
  • 第5章 罵り語にもいろいろある
  • 第6章 やさしいけれども、正確に音読みできない漢字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の生態学 : 日本語を鍛える漢字力のために
著作者等 川越 泰博
書名ヨミ カンジ ノ セイタイガク : ニホンゴ オ キタエル カンジリョク ノ タメニ
書名別名 Kanji no seitaigaku
出版元 彩流社
刊行年月 2005.7
ページ数 217, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4882029863
NCID BA72826316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20829885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想