ヘーゲルの未来 : 可塑性・時間性・弁証法

カトリーヌ・マラブー 著 ; 西山雄二 訳

デリダの脱構築と、ヘーゲルの弁証法、ハイデガーの存在論の関係の生産的な問い直しを続け、現在フランスで最も注目される哲学者、カトリーヌ・マラブー。本書においてマラブーは、ヘーゲルの時間論を批判的に読解するハイデガー、ハイデガー哲学を批判的に継承するデリダといった複数の対話を潜在的に共鳴させることで、彼女自身の哲学の核心をなす「可塑性」の運動、すなわち、自ら形を与える-受け取るという時間的な塑造過程を見定めようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヘーゲルの人間、第二の自然の加工方法(「人間学」通釈
  • ヌースの可塑性について-ヘーゲルによる『霊魂論』読解
  • 習慣と有機的な生物 ほか)
  • 第2部 ヘーゲルの神、二重の本性の転回(「啓示された宗教」通釈
  • 超越性なき神?ヘーゲルに抗する神学者たち
  • 神の死と哲学の死-疎外化の二重の運命 ほか)
  • 第3部 ヘーゲルの哲学者、落下の二つの方法(「哲学」通釈
  • 弁証法的単純化
  • 「自発的に」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲルの未来 : 可塑性・時間性・弁証法
著作者等 Malabou, Catherine
西山 雄二
マラブー カトリーヌ
書名ヨミ ヘーゲル ノ ミライ : カソセイ ジカンセイ ベンショウホウ
書名別名 L'avenir de Hegel

Hegeru no mirai
出版元 未來社
刊行年月 2005.7
ページ数 370, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4624011708
NCID BA72807424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20822071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想