カツオ漁

川島秀一 著

全国のカツオ漁業の港町を訪ね、漁師たちからの聞き書きをもとに、一本釣り、カツオ漁場、船上の生活、船霊信仰、祭りと禁忌などの伝承を集成し、黒潮に沿ってダイナミックに交流を重ねて形成された漁民たちの独特の文化を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 方法としての港町
  • 第1章 カツオ船と漁場
  • 第2章 カツオ一本釣り
  • 第3章 ナムラを追う
  • 第4章 カツオ船の経営と組織
  • 第5章 船上の生活
  • 第6章 大漁を願う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カツオ漁
著作者等 川島 秀一
書名ヨミ カツオリョウ
シリーズ名 ものと人間の文化史 127
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.8
ページ数 343, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4588212710
NCID BA72780088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20963231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想