子どもがニートになったなら

玄田有史, 小杉礼子, 労働政策研究研修機構 著

まず変わるべきは「親」である。必要なのは「大人のお節介」である。ニート問題研究の第一人者、玄田有史、小杉礼子が本音で語る緊急メッセージ。さらに若者・家族・社会の背景と現状を、宮本みち子・江川紹子・小島貴子・長須正明・斎藤環と本気対談。支援現場の熱い声も収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもがニートになったなら(玄田有史)(まずは子どもの事情を知ろう
  • 一方的に子どもを責めるのはやめよう ほか)
  • 第2章 だれがニートなのか(小杉礼子)(イギリスのニートと日本のニート
  • ニートとフリーター ほか)
  • 第3章 対談・家族よ、社会よ!(宮本みち子×小杉礼子-過干渉、過保護だけど、関係性は希薄
  • 江川紹子×玄田有史-若者の「夢」と「やりたいこと」 ほか)
  • 第4章 インタビュー・支援の現場から(工藤啓(NPO「育て上げ」ネット理事長)
  • 井村良英(A′ワーク創造館事業部「体験!これから学級」講師) ほか)
  • 第5章 もっと大人のお節介を-対談・玄田有史×小杉礼子(伝えるべきものを意識化できるか
  • 自己実現と現実のバランス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもがニートになったなら
著作者等 労働政策研究・研修機構
労働政策研究研修機構
小杉 礼子
玄田 有史
書名ヨミ コドモ ガ ニート ニ ナッタナラ
シリーズ名 生活人新書 152
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.7
ページ数 253p
大きさ 17cm
ISBN 4140881526
NCID BA72766327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20814084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想