生まれる地名、消える地名 : 「平成の大合併」で日本地図に大異変!

今尾恵介 著

地名から日本の社会・文化が透けて見える。ひらがな・ブランド・大風呂敷・旧国名など「平成の大合併」で生まれた新地名の由来、幻に終わったトンデモ地名・消えた地名など激変した最新ニッポン地名事情。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 平成の大合併とニッポンの地名(日本の地名に大異変
  • 「平成の大合併」って何? ほか)
  • 第1章 生まれる地名-命名タイプで読み解く「平成の大合併」の舞台裏(雨後のタケノコのように出現 ひらがな地名
  • 古代からの歴史があるけれど… 方位つき地名 ほか)
  • 第2章 幻の地名・消える地名(幻の地名 日の目を見なかった市名・町名あれこれ
  • 消えた市名 歴史的地名はかくも軽く消えゆく ほか)
  • 第3章 ニッポン新地名の旅(北海道・東北地方
  • 関東地方 ほか)
  • 保存版 どうなった?あの町・あの村「平成の大合併」新市町村全リスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生まれる地名、消える地名 : 「平成の大合併」で日本地図に大異変!
著作者等 今尾 恵介
書名ヨミ ウマレル チメイ キエル チメイ : ヘイセイ ノ ダイガッペイ デ ニホン チズ ニ ダイイヘン
出版元 実業之日本社
刊行年月 2005.6
ページ数 264, 22p
大きさ 19cm
ISBN 440800796X
NCID BA72748471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20803113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想