汝自身を知れ : 古代ギリシアの知恵と人間理解

三嶋輝夫 著

アポロン神殿の柱に刻まれていた「汝自身を知れ」の言葉を自身の哲学活動の根底におき、探求したとされる。これはまさに現代に生きるわれわれに向けられた言葉でもある。『ソクラテスの弁明』『オイディプス王』『国家』をはじめとする古代ギリシアの哲学、文学の名作が二千四百年のはるかな時を超えて提起する根源的問題の数々を、縦横に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソクラテスと「無知の自覚」
  • オイディプスと自己の深淵-自分を知ることの悲劇
  • 個人と社会(1)『アンティゴネー』における人の法と神々の掟
  • 個人と社会(2)プロメテウスとゼウスの贈り物
  • 法と人間(1)アンティフォンの挑戦と目撃者の不在
  • 法と人間(2)ソクラテスは、なぜ脱獄しなかったか
  • 力と正義(1)古代ギリシア人と現実政治
  • 力と正義(2)ソフォクレス『フィロクテテス』と大政治のなかの個人
  • 徳と悪徳(1)プラトン『ラケス』と勇気への問い
  • 徳と悪徳(2)アリストテレスの勇気論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 汝自身を知れ : 古代ギリシアの知恵と人間理解
著作者等 三嶋 輝夫
書名ヨミ ナンジ ジシン オ シレ : コダイ ギリシア ノ チエ ト ニンゲン リカイ
シリーズ名 NHKライブラリー 196
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.7
ページ数 459p
大きさ 16cm
ISBN 4140841966
NCID BA72737464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20818481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想