静かなノモンハン

伊藤桂一 [著]

昭和十四年五月、満蒙国境で始まった小競り合いは、関東軍、ソ蒙軍間の四ヵ月に亘る凄絶な戦闘に発展した。襲いかかる大戦車群に、徒手空拳の軽装備で対し、水さえない砂また砂の戦場に斃れた死者八千余。生還した三人の体験談をもとに戦場の実状と兵士たちの生理と心理を克明に記録、抑制された描写が無告の兵士の悲しみを今に呼び返す。芸術選奨文部大臣賞、吉川英治文学賞受賞の戦争文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序の章 草原での戦い
  • 一の章 あの稜線へ-鈴木上等兵の場合
  • 二の章 小指の持つ意味-小野寺衛生伍長の場合
  • 三の章 背嚢が呼ぶ-鳥居少尉の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 静かなノモンハン
著作者等 伊藤 桂一
書名ヨミ シズカナ ノモンハン
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.7
ページ数 283p
大きさ 16cm
ISBN 4061984101
NCID BA72725454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21785002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想