「これからの文学教育」のゆくえ

田中実, 須貝千里 編著

国語教育界の二人の重鎮、浜本純逸・大槻和夫に、田中実・須貝千里が挑んだ座談会を巻頭に、総勢二十一名の気鋭の文学教育研究者が提案する「『これからの文学教育』のゆくえ」とは?『"新しい作品論"へ、"新しい教材論"へ』(右文書院)シリーズ、『文学の力×教材の力』(教育出版)シリーズを集大成し、パラダイムチェンジした後の、文学の価値と力を引き出した文学教育の画期的必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学教育はどこにあるのか(今日の「教育改革」と「読むこと」の新たな可能性
  • 小説の"読まれ方"に対する"読み方"の提起、"語り"の問題)
  • 2 十七人の応答(日本文学協会国語教育部会の今日
  • 「文学教育」という問題
  • 言語技術教育を見直しつつ、その先へ)
  • 3 文学教育をひらく(それを言ったらおしまいだ。-価値絶対主義と文学の力
  • 「これからの文学教育」はいかにして可能か-『白いぼうし』・『ごんぎつね』・『おにたのぼうし』の"読み方"の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「これからの文学教育」のゆくえ
著作者等 田中 実
須貝 千里
書名ヨミ コレカラ ノ ブンガク キョウイク ノ ユクエ
書名別名 Korekara no bungaku kyoiku no yukue
出版元 右文書院
刊行年月 2005.7
ページ数 475, 4p
大きさ 21cm
ISBN 4842100532
NCID BA72722707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20956660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<これまで>の「文学教育」/<これから>の「文学教育」 馬場重行
<新しい作品論><新しい教材論>との対話 村上呂里
「<語り>を読む」ことと、「自己を問う」こと 齋藤知也
「これからの文学教育」はいかにして可能か 田中 実
「どうしたって行けないけどそれでもぜったい行きたいどこか」に向かって 山元隆春
「思想科」の教材としての文学 難波博孝
「書く」こととして「読む」 上谷順三郎
それを言ったらおしまいだ。 須貝 千里
どのような文脈を包摂して文学教育を再構築するのか 塚田泰彦
今日の「教育改革」と「読むこと」の新たな可能性 浜本純逸, 須貝 千里, 田中 実
十七人の応答
子どもと文学をどう出会わせよう 三好修一郎
小説の<読まれ方>に対する<読み方>の提起、<語り>の問題 大槻和夫, 須貝 千里, 田中 実
教室で文学作品を愉しく、面白く読むために 中村龍一
文学を開くための読みの指導過程 阿部昇
文学教育からの呪縛と解放 蓼沼正美
文学教育という問題 戸田功
文学教育における言語論の問題 佐野正俊
文学教育はどこにあるのか
文学教育をひらく
演劇の授業における文学作品の開示 田端健人
芥川龍之介『薮の中』の出口 鎌田均
言語技術教育を見直しつつ、その先へ 丸山義昭
語り合う文学教育 藤原和好
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想