あの戦争は何だったのか : 大人のための歴史教科書

保阪正康 著

戦後六十年の間、太平洋戦争は様々に語られ、記されてきた。だが、本当にその全体像を明確に捉えたものがあったといえるだろうか-。旧日本軍の構造から説き起こし、どうして戦争を始めなければならなかったのか、引き起こした"真の黒幕"とは誰だったのか、なぜ無謀な戦いを続けざるをえなかったのか、その実態を炙り出す。単純な善悪二元論を排し、「あの戦争」を歴史の中に位置づける唯一無二の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 旧日本軍のメカニズム(職業軍人への道
  • 一般兵を募る「徴兵制」の仕組み ほか)
  • 第2章 開戦に至るまでのターニングポイント(発言せざる天皇が怒った「二・二六事件」
  • 坂を転げ落ちるように-「真珠湾」に至るまで)
  • 第3章 快進撃から泥沼へ(「この戦争はなぜ続けるのか」-二つの決定的敗戦
  • 曖昧な"真ん中"、昭和十八年)
  • 第4章 敗戦へ-「負け方」の研究(もはやレールに乗って走るだけ
  • そして天皇が動いた)
  • 第5章 八月十五日は「終戦記念日」ではない-戦後の日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あの戦争は何だったのか : 大人のための歴史教科書
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ アノ センソウ ワ ナンダッタノカ : オトナ ノ タメノ レキシ キョウカショ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.7
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4106101254
NCID BA72710038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20818220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想