江戸っ子長さんの舶来屋一代記

茂登山長市郎 著

グッチ、エルメスを日本に紹介した男は、生粋の江戸っ子商人。戦後の闇商売時代から一貫して「文化を売る。美しいものを売る」舶来屋一筋。日本のファッションブランドビジネスの立役者として内外に知られた存在であり、その半生はひとつの痛快な戦後史でもある。本書はその江戸っ子が語り下ろした商人の道。「商い」は「飽きない」、商売に必要なのは「感情」と「勘定」-。生きたビジネス指南は巨大資本ビジネスの行き着く先の、そのまた先を読む知恵袋。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「長さん」と呼んでおくれ(「笑顔が一番」舶来商売はじめて五十年、祖父の代から百年
  • 「商いは飽きない」祖父から学んだ江戸っ子商人気質 ほか)
  • 2 商売の上手な人 下手な人(「文化を売れ!」僕が舶来屋になった理由
  • 「買ったのは、実は日本のソニーだった」はじめてのヨーロッパ旅行 ほか)
  • 3 商人の道(商売に向く人、向かない人
  • 直感力のすぐれた人は、商人として大成する ほか)
  • 4 夢は見るものでなく、掴むもの(イタリアのアルタガンマから「名誉アソシエイト」を授与される
  • 夢は夜見て、昼開く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸っ子長さんの舶来屋一代記
著作者等 茂登山 長市郎
書名ヨミ エドッコ チョウサン ノ ハクライヤ イチダイキ
書名別名 Edokko chosan no hakuraiya ichidaiki
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2005.7
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4087203026
NCID BA72697960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20814908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想