歴史教科書は古代をどう描いてきたか

勅使河原彰 著

教育基本法を改悪して、戦争をする国づくりのための人材を育成する教育をおこなうことを目論んでいるのである。そこに、とんでもない歴史教科書が登場してきたのである。神話でクニの始まりを美化する「つくる会」教科書、徹底批判!戦前から現代までの歴史教科書の移り変わりがこの1冊で分かる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 富国強兵ささえる神話と皇国史観-近代公教育発足当初の歴史教科書(明治維新と最初の歴史教科書『史畧』
  • 自由民権運動と教育への国家統制の強化)
  • 第2章 天皇神格化のためにゆがめられた原始・古代史-大日本帝国憲法のもとでの歴史教科書(大日本帝国憲法と国定教科書制度の成立
  • 国定制度のもとでの歴史教科書 ほか)
  • 第3章 新しい憲法のもとではじまった歴史教育-占領下の教育と歴史教科書(敗戦と国定歴史教科書『くにのあゆみ』
  • 戦後民主主義の息吹と歴史教科書)
  • 第4章 戦後の右傾化のなかの歴史教育-かえられていく歴史教科書(「学習指導要領」の改悪と神話教育の復活
  • 現行の歴史教科書)
  • 第5章 異常な「つくる会」教科書の登場-間違いだらけの『新しい歴史教科書』(二〇〇〇年度検定の『新しい歴史教科書』
  • 二〇〇四年度検定の白表紙本「つくる会」歴史教科書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史教科書は古代をどう描いてきたか
著作者等 勅使河原 彰
書名ヨミ レキシ キョウカショ ワ コダイ オ ドウ エガイテキタカ
出版元 新日本出版社
刊行年月 2005.7
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4406031995
NCID BA72695681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20855331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想