集合住宅デモクラシー : 新たなコミュニティ・ガバナンスのかたち

竹井隆人 著

セキュリティの問題やアメリカの事例に言及しつつ、集合住宅における住民自治組織が「私的政府」として政治的権能を振るうことにより、わが国における未達のデモクラシーが成就されうる可能性を呈示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 デモクラシーの模索
  • 第1章 私的政府によるプライベートピア
  • 第2章 プライベートピアの課題
  • 第3章 「制限」による政治
  • 第4章 保安の探求
  • 第5章 もう一つの集合住宅
  • 第6章 コミュニティからガバナンスへ
  • 第7章 集合住宅と「公共性」
  • 結語 集合住宅からデモクラシーを考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集合住宅デモクラシー : 新たなコミュニティ・ガバナンスのかたち
著作者等 竹井 隆人
書名ヨミ シュウゴウ ジュウタク デモクラシー : アラタナ コミュニティ ガバナンス ノ カタチ
書名別名 Shugo jutaku demokurashi
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.7
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4790711390
NCID BA72694780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20845778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想