島津忠夫著作集  第8巻

島津忠夫 著

わが国の文学研究を牽引、島津忠夫博士五十余年の全仕事を集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『百人一首』論考
  • 『和漢兼作集』の成立
  • 『安嘉門院四条五百首』と『十六夜日記』
  • 『為兼卿和抄』と玉葉・風雅の歌風
  • 『歌苑連署事書』と『三代秘抄』
  • 鵜鷺系歌学書の成立と展開-冷泉家時雨亭文庫本の出現から
  • 雑談という名の歌論-『井蛙抄』おぼえがき
  • 建武前後の外宮祠官の和歌
  • 南朝の歌壇とその行方
  • 『新後拾遺和歌集』管見〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島津忠夫著作集
著作者等 島津 忠夫
書名ヨミ シマズ タダオ チョサクシュウ
書名別名 和歌史. 下

Shimazu tadao chosakushu
巻冊次 第8巻
出版元 和泉書院
刊行年月 2005.12
ページ数 513p
大きさ 22cm
付随資料 4p.
ISBN 4757603401
NCID BA72692898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
和歌史. 下 島津 忠夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想