ウェルネス看護診断にもとづく母性看護過程

太田操 編著

第1章では、看護過程の概念について扱っている。第2章では、ウェルネスの捉え方、特徴、意義について扱っている。第3章では、実際に、妊娠・分娩・産褥・新生児各期の事例で看護過程を展開している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 看護過程とは(看護過程の概念
  • 母性看護における看護過程)
  • 第2章 ウェルネス看護診断(ウェルネス看護診断の考え方
  • ウェルネス看護診断の展開-ウェルネス看護診断をどんどん作ってみよう)
  • 第3章 看護過程の実際-事例展開(妊婦の事例展開
  • 産婦の事例展開
  • 褥婦の事例展開
  • 新生児の事例展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェルネス看護診断にもとづく母性看護過程
著作者等 太田 操
書名ヨミ ウェルネス カンゴ シンダン ニ モトズク ボセイ カンゴ カテイ
書名別名 Uerunesu kango shindan ni motozuku bosei kango katei
出版元 医歯薬
刊行年月 2005.7
ページ数 104p
大きさ 28cm
ISBN 4263234731
NCID BA7268861X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20835111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想