アジア文化の思想と儀礼 : 福井文雅博士古稀記念論集

福井文雅博士古稀・退職記念論集刊行会 編

この本の情報

書名 アジア文化の思想と儀礼 : 福井文雅博士古稀記念論集
著作者等 福井 文雅
福井文雅博士古稀・退職記念論集刊行会
書名ヨミ アジア ブンカ ノ シソウ ト ギレイ : フクイ フミマサ ハクシ コキ キネン ロンシュウ
出版元 春秋社
刊行年月 2005.6
ページ数 62, 950p
大きさ 23cm
ISBN 4393112334
NCID BA72678988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20824964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Deus is not a kami 神,or an essay on Deus translated into Japanese,Dainiti 大日,before Francis Xavier's arrival in Japan 市川慎一
「三百六十契令」考 山田利明
「情」の思想 合山究
『孟子』「詩亡然後春秋作」の解釈に就いて 山邊進
『岩窟蔵鏡』所収「漁畋文規矩鏡」新考 石川三佐男
『玄珠録』の思想 堀池信夫
カク敬の詩経観 西口智也
ケイ惑星の歌 吉原浩人
タンマユット派の確立 山田均
仏教と日本思想
儒教と先秦思想
元・明時代の全真教と正一教 石田憲司
光背に表現される化仏に関する試論 村松哲文
初期の禅宗における経典注釈 伊吹敦
前漢武帝期に於ける泰山の明堂祭祀 永井弥人
台南道教のショウ事文検 丸山宏
台密諸流の形成 大久保 良峻
台湾北部紅頭道士の補運 松本浩一
唐代凶礼の構造 石見清裕
善導二人説の再検証 成瀬隆純
嚴君平信仰の伝播と広がり 遊佐昇
国忌法会を通じて見た唐代の仏教政策 高橋佳典
大洪守遂の『仏祖三経註』の成立をめぐって 石井修道
太清・太一と桃源・王母 砂山稔
張脩と五斗米道 澤章敏
思渓版蔵経に見える欠筆と刻工 尾崎正治
慈円の夢想記と仏眼法 水上文義
慧遠の大乗義章における起信論思想 吉津宜英
曇無讖の菩薩戒 吉村誠
最古の王守仁の伝記『王陽明先生図譜』について 永冨青地
望山楚簡「卜筮祭祷簡」の基礎的研究 工藤元男
木主について 吾妻重二
杜鴻漸撰述『金剛智三蔵和尚記』の逸文について 岩崎日出男
楽府詩「採蓮曲」の飛躍 市川桃子
法称の主張命題の定義についての覚書 岩田孝
津田左右吉「天皇考」とその改稿 増尾伸一郎
浅見絅斉の伊藤仁斎批判 土田健次郎
清朝全真教の伝戒と呂祖扶ケイ信仰 森由利亜
王守仁と歌唱(歌詩) 水野実
田夫愛染法をめぐって 伊藤聡
祀られる仙人 大形徹
緯書思想と礼楽 清水浩子
華光と関帝 二階堂善弘
行像再考 菊地章太
道教と神仙思想
道教の斎法儀礼の原型の形成 小林 正美
道教法服考 田中文雄
道教経典における図像解釈の可能性 三田村圭子
道氤の思想的位相 平井宥慶
鄒衍学術考 石合香
黄録斎における道士と斎主 浅野春二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想