紛争と人間の安全保障 : 新しい平和構築のアプローチを求めて

篠田英朗, 上杉勇司 編

「人間の安全保障」に纏わる、論点が持つ意味と可能性の探求、紛争下での争点の提示、実践上での限界を超える可能性、外交政策における課題などを示しながら、「人間の安全保障」が「現実」の要請であることを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 紛争と人間の安全保障
  • 第1部 国際社会による人間の安全保障(武力紛争中・後における人間の安全保障措置-人道援助と平和構築の関係
  • 国連平和維持活動(PKO)と人間の安全保障-国連PKOの諸機能を人間の安全保障の観点から見直す ほか)
  • 第2部 人間の安全保障の争点(人権と武力紛争
  • 女性と人間の安全保障-平和構築を分析するフェミニストの視角 ほか)
  • 第3部 現地社会による人間の安全保障(アフリカにおける住民紛争と「青年」問題-ナイジェリアの事例を中心に
  • 平和構築と人間の安全保障-コンストラクティビストの視点)
  • 第4部 外交政策と人間の安全保障(岐路に立つ人間の安全保障-日本外交の展開の文脈において
  • 人間の安全保障の倫理的基盤と平和構築への含意-アメリカのイラク戦争の場合)
  • 結論 新しい平和構築のアプローチを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紛争と人間の安全保障 : 新しい平和構築のアプローチを求めて
著作者等 上杉 勇司
篠田 英朗
書名ヨミ フンソウ ト ニンゲン ノ アンゼン ホショウ : アタラシイ ヘイワ コウチク ノ アプローチ オ モトメテ
出版元 国際書院
刊行年月 2005.6
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 4877911464
NCID BA72676111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20807088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想