象徴天皇制の起源 : アメリカの心理戦「日本計画」

加藤哲郎 著

著者が二〇〇四年にアメリカ国立公文書館で発見したOSS(戦略情報局)機密文書「日本計画」(最終草稿)は、日米開戦からわずか六ヶ月、一九四二年六月の時点で、すでに戦後日本の象徴天皇制を構想した驚くべきものであった。CIAの前身OSSは中国・朝鮮を含む対極東情報戦の中心で、日本の戦後社会のあり方に大きな影響力をもった。現代の情報戦へと続くOSSの史資料・機構・人脈を詳細に探り、アメリカに設計された象徴天皇制の起源を追究した画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 象徴天皇制をめぐる情報戦
  • 第2章 一九四二年六月の米国「日本計画」-最終草稿の発見
  • 第3章 戦時米国の情報戦体制-戦略情報局(OSS)調査分析部
  • 第4章 「敵国日本」の百科全書-真珠湾攻撃時の調査分析部極東課
  • 第5章 「平和の象徴」天皇観の形成-「日本計画」第一・第二草稿
  • 第6章 もうひとつの源流-情報調整局(COI)の「四二年テーゼ」
  • 第7章 第三の系譜-英米共同計画アウトライン
  • 第8章 「日本計画」と「ドラゴン計画」-対中国・朝鮮戦略との連動
  • 第9章 「日本計画」をめぐるOSS対OWI-マッカーサー書簡の意味
  • 第10章 「日本計画」と象徴天皇制のその後-心理戦・情報戦は続く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴天皇制の起源 : アメリカの心理戦「日本計画」
著作者等 加藤 哲郎
書名ヨミ ショウチョウ テンノウセイ ノ キゲン : アメリカ ノ シンリセン ニホン ケイカク
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2005.7
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4582852815
NCID BA72658153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20858117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想