逃亡者たち

忠井俊明 著

いまここでの現実からさまざまな形で逃避する人たち。本書では、現実社会からの逃避、脱現実を現実世界と体験世界の文脈から捉え直し、その方向性を「仮想現実」と「現実への焦点化」という連続体で表現する。この"ほどよい現実"からの逸脱状況を縦糸に、そして、今、現代人の心の姿を紐解く鍵として注目されている自己愛を「自己愛不全」から「過剰な自己愛」までを彷徨う病理として横糸で結びながら、現代に巣食う脱現実という社会病理現象を気鋭の精神科医が紡いでいく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脱現実(現実と脱現実-ほどよさの世界
  • ひきこもり-狭められた現実
  • 自殺-現実からの消滅 ほか)
  • 第2部 自己愛症候群(自己愛、そして自己愛
  • 虐待者-顕在的自己愛
  • ひきこもりの自己愛-密やかな自己愛 ほか)
  • 第3部 自己愛と脱現実、そしてセラピー(自己愛者の脱現実-自己愛者はいかに現実を構築するのか
  • 解決に向けて-脱現実化した自己愛者へのセラピー
  • それぞれのセラピー-各セラピーの要諦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逃亡者たち
著作者等 忠井 俊明
書名ヨミ トウボウシャタチ : ダツ ゲンジツ ト ジコアイ ノ ビョウリ
書名別名 脱現実と自己愛の病理
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.7
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 4623044270
NCID BA72651325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20827840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想