なぜ、民主主義を世界に広げるのか : 圧政とテロに打ち勝つ「自由」の力

ナタン・シャランスキー 著 ; 藤井清美 訳

圧政とテロに打ち勝ち、自国の自由を守るためには、自由と民主主義を世界中に広げなければならない-。第2期ブッシュ政権の根底に流れる「自由拡大思想」。その原典が本書である。米ネオコン人脈と親交があった著者シャランスキーは、再選後のブッシュからホワイトハウスに招かれ、本書の論理を説明。それ以来、大統領は会う人ごとにこの本を勧めるようになった。超大国の外交政策に決定的影響を与えた問題の書、ついに邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「自由」には世界を変える力があるか
  • 第1章 すべての人が自由を求めているのか
  • 第2章 自由社会と恐怖社会
  • 第3章 圧政を支えるもの
  • 第4章 自由世界が行使できる力
  • 第5章 ヘルシンキからオスロへ
  • 第6章 明確な道徳性を求める闘い
  • 第7章 失われたチャンス
  • 終章 世界中を民主化せよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、民主主義を世界に広げるのか : 圧政とテロに打ち勝つ「自由」の力
著作者等 Sharansky, Natan
Shcharansky, Anatoly
宮台 真司
藤井 清美
シャランスキー ナタン
書名ヨミ ナゼ ミンシュ シュギ オ セカイ ニ ヒロゲルノカ : アッセイ ト テロ ニ ウチカツ ジユウ ノ チカラ
書名別名 The case for democracy

Naze minshu shugi o sekai ni hirogerunoka
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2005.6
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4478170568
NCID BA72630427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20813351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想