WebCT:大学を変えるeラーニングコミュニティ

エミットジャパン 編

WebCTとは、Webを用いた授業の設計、開発、管理を行うコース管理システムです。掲示板、eメール、オンラインクイズ、学生・成績管理などが簡単にできます。WebCTを授業と併用して利用することで、学習効果が2倍に上がるとの報告もあり、単なる遠隔講義のツールではなく、授業改善のツールとして注目を集めています。WebCTパワーユーザによる授業実践例を豊富に掲載。教育改善ノウハウを伝授します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 WebCTとは(WebCTの歴史
  • コース管理システムWebCT ほか)
  • 第2章 活用事例(情報セキュリティ研修への活用-名古屋大学の事例
  • 高等教育でCMSを使用する利点-福井県立大学の事例 ほか)
  • 第3章 大学レベルでのWebCTの活用(学内プロジェクトによるeラーニング実施-九州大学の事例
  • WebCTとSOSEKIなどの連携-熊本大学の事例 ほか)
  • 第4章 eラーニングの展望-教育の質的改善を目指して(北米におけるオープンソースソフトウェアによる情報基盤整備の動向
  • ユビキタス環境下での次世代CMSの開発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 WebCT:大学を変えるeラーニングコミュニティ
著作者等 エミットジャパン
書名ヨミ WebCT ダイガク オ カエル eラーニング コミュニティ
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2005.7
ページ数 205p
大きさ 24cm
ISBN 4501539305
NCID BA72629938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20906789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想