「新編」山紀行と随想

大島亮吉 著 ; 大森久雄 編

探検的登山から、積雪期登山や岩登りへ。日本の登山界が大きな転換期を迎えていた大正後期、大島亮吉は、精力的に山に登り、精力的に山を綴り、新たな雪と岩の時代の牽引者と目されていた。しかし、彼は、流星のようにすっと尾を引いて、瞬間的にきらめいて、前穂高北尾根に逝った。山を愛してやまない、香り高い名エッセイを、ここに、新たに精選した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東北朝日岳に登り黒俣沢を下る
  • 荒船と神津牧場附近
  • 秩父の山村と山路と山小屋と(抄)
  • 火口原のスキーヒュッテ
  • 三月の槍ケ岳
  • 北海道の夏の山
  • 穂高岳スキー登山
  • 谷川岳、茂倉岳、笹穴川上流
  • 山上所観
  • 小屋・焚火・夢
  • バドミントン・スタイル
  • 涸沢の岩小屋のある夜のこと
  • 頂・谷・書斎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「新編」山紀行と随想
著作者等 大島 亮吉
大森 久雄
書名ヨミ シンペン ヤマ キコウ ト ズイソウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 545
出版元 平凡社
刊行年月 2005.7
ページ数 367p
大きさ 16cm
ISBN 4582765459
NCID BA72601699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20852208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想