経営組織の論理と変革

稲村毅, 百田義治 編著

本書は、経営組織の多面的構造を明らかにしつつその成立・発展・現状を資本・組織の論理と人間性・民主主義の論理との対抗関係において分析・把握する。官僚制、ガバナンス、組織間関係、経営戦略、国際化、組織文化、情報化、CSRなどの主要問題を解明することによって、現代経営組織の存在の正当性を問うと同時に、組織と人間の共生の条件を問題提起する意欲的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 組織の概念と研究視角-組織構造と組織変革
  • 第1部 経営組織の歴史と論理(経営組織と官僚制-ヴェーバー官僚制組織における支配の構造
  • 経営組織における効率性と人間性-労働の復権と企業の社会的責任(CSR)
  • 経営組織における権力と民主主義-管理の正当性と企業統治
  • 経営組織における環境と戦略-オーソドックスな経営戦略論と新しい諸潮流)
  • 第2部 現代経営組織の基本問題(企業の社会性と組織間関係-政府・民間・非営利のセクター間関係の分析視座
  • 国際化と経営組織-日本企業における国際化の影響
  • 日本の経営組織と行動理念-日本型経営と人間の尊厳の思想
  • 現代情報化と経営組織の変容-ネットワークの経済における分業形態)
  • 経営組織の変革と企業の社会的責任-人間の尊厳、労働の復権、民主主義の実現に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経営組織の論理と変革
著作者等 百田 義治
稲村 毅
書名ヨミ ケイエイ ソシキ ノ ロンリ ト ヘンカク
シリーズ名 叢書現代経営学 8
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.7
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4623038963
NCID BA72575395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20824401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想