直木三十五伝

植村鞆音 著

「芸術は短く、貧乏は長し」-莫大な借金に追われながら、七百篇におよぶ小説・雑文を書き、悠然と人生を駆け抜けた作家・直木三十五。小心にして傲岸、寡黙にして雄弁、稀代の浪費家で借金王、女好きのプランメイカー。昭和初期の文壇に異彩を放った人気作家の全貌をあますところなく描く書下し評伝決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 無名時代(上京
  • 仏子寿満との同棲 ほか)
  • 第2部 関西時代(「苦楽」編集と作家デビュー
  • プラトン社の同僚、川口松太郎と岩田専太郎 ほか)
  • 第3部 流行作家(東京生活の復活
  • 直木三十五の誕生 ほか)
  • 第4部 晩年(晩年
  • 入院 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 直木三十五伝
著作者等 植村 鞆音
書名ヨミ ナオキ サンジュウゴ デン
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.6
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 4163671501
NCID BA72569632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20806563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想