レモンをお金にかえる法  続("インフレ→不況→景気回復"の巻)

ルイズ・アームストロング ぶん ; ビル・バッソ え ; 佐和隆光 やく

"レモネードがとびきりおいしい、きみの町"が、レモンの不作にみまわれて、"重大な経済危機"に直面します。まず原料の値上がりによって製品の価格も上がります。犬ごやをつくって売る商売のダイアンは、大好きなレモネードをのむために、犬ごやのねだんを上げるほかありません。車あらいのピーウィーや、しばかりのサンディーも、値上がりしたレモネードを買うために、賃金を上げてほしいといいだします。こうして賃金と物価のおいかけっこがはじまり、インフレーション、小さな企業の倒産、失業の増加へとつづきます。不況がやってきたのです。そこで、新しいしごとをつくったり、資金の貸付けをしたりして経済を元気づけるための努力がおこなわれ、そのけっか、失業はへり、生産が上がってきました。経済は元気を回復するでしょう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レモンをお金にかえる法
著作者等 Armstrong, Louise
Basso, Bill
佐和 隆光
バッソ ビル
アームストロング ルイズ
書名ヨミ レモン オ オカネ ニ カエル ホウ
書名別名 How to turn up into duwn into up

Remon o okane ni kaeru ho
巻冊次 続("インフレ→不況→景気回復"の巻)
出版元 河出書房新社
刊行年月 2005.5
版表示 新装版
ページ数 1冊 (ページ付なし)
大きさ 21cm
ISBN 4309243428
NCID BA72564413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20788844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想