天上ノ蛇、紫のハナ

吉増剛造 著

新しい"響き"を求めた、言葉の夢の大伽藍。吉増剛造の最新詩集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 激つ
  • 紫っぽい、vibr‾atus(ラテン語「細かく動く」)ノ、ブリ(振)ちゃん
  • (彼岸からの)口笛
  • 近所の鳩と遊んだこともあるだろう、傷痍軍人さんの白い杖
  • "白い杖"が天上に投げ上げられて、未来の、わたくしたちの手が、…
  • 刹那ニ、埃=穂古里ノ、匂ヒが、シタ
  • ピカ、がだ、…
  • ミツメラレテイル-gauze,gauze
  • 天上ノ巨人〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天上ノ蛇、紫のハナ
著作者等 吉増 剛造
書名ヨミ テンジョウ ノ ヘビ ムラサキ ノ ハナ
書名別名 Tenjo no hebi murasaki no hana
出版元 集英社
刊行年月 2005.6
ページ数 101p
大きさ 27cm
ISBN 408774759X
NCID BA72550601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20799163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想