戦中・戦後気侭画帳

武井武雄 著

度重なる空襲警報、ゲートルに鉄兜、食糧配給、東京大空襲、玉音放送…戦時下の東京の暮らしを持ち前の洒落っ気とウィットを込めて仔細に描きだした「戦中気儘画帳」と、進駐軍、新しい風俗、物資不足…焦土から立ち上る町や人を鮮やかに活写する「戦後気儘画帳」が一冊に。池袋に住み、自宅を建物疎開で失いながらも、東京の戦中・戦後を描き残した童画家・武井武雄の「気儘画帳」、待望の文庫化。暗い時代が不思議な懐かしさを帯びて生き生きとよみがえる貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦中気侭画帳
  • 戦後気侭画帳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦中・戦後気侭画帳
著作者等 武井 武雄
書名ヨミ センチュウ センゴ キママ ガチョウ
書名別名 Senchu sengo kimama gacho
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.7
ページ数 414p
大きさ 15cm
ISBN 4480089241
NCID BA72542534
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20842319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想