海をわたる蝶

日浦勇 著

私たちの周りで美しく舞いながら飛ぶ蝶。人間と蝶の間には、密接で深い、意外な関係が存在する。一分間に数千匹が山を越え移動するイチモンジセセリ。日本列島をさまよいながら生きるウラナミシジミ。外国から海を越えてくる蝶、また、海面で昼寝をする蝶。なぜ旅をするのか、どのくらいの距離を動くのかなど、本書は、謎に満ちた蝶の不思議な生態を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 豊作を告げる蝶
  • 第2章 さまよいながら生きる
  • 第3章 モンシロチョウの歴史
  • 第4章 迷蝶
  • 第5章 供給地の実態-フィリピン群島の旅から
  • 第6章 都市化と蝶相の変遷
  • 第7章 蝶の地理学
  • 第8章 氷河時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海をわたる蝶
著作者等 日浦 勇
書名ヨミ ウミ オ ワタル チョウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.7
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 4061597191
NCID BA72535448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20818208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想