日本文化の形成

宮本常一 著

日本列島を徹底踏査した民俗学の巨人が、『古事記』『日本書紀』『万葉集』『風土記』などの古代文献を読み返し、それらと格闘の末、生まれた日本文化論。稲作を伝えた人びと、倭人の源流、畑作の起源と発展、海洋民と床住居など、東アジア全体を視野に入れた興味深い持論を展開する。長年にわたって各地の民俗を調査した著者ならではの着想を含む遺稿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本列島に住んだ人びと(エビスたちの列島
  • 稲作を伝えた人びと)
  • 2 日本文化に見る海洋的性格(倭人の源流
  • 耽羅・倭・百済の関係
  • 北方の文化
  • 琉球列島の文化)
  • 3 日本における畑作の起源と発展(焼畑
  • 古代中国の農耕
  • 渡来人と農耕)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化の形成
著作者等 宮本 常一
書名ヨミ ニホン ブンカ ノ ケイセイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.7
ページ数 250p
大きさ 15cm
ISBN 4061597175
NCID BA72534489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20818332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想