ビートルズの研究 : ポピュラー音楽と社会

イアン・イングリス 編 ; 村上直久, 古屋隆 訳

衝撃のデビューと驚異的成功、サブカルチャー、後期の歌詞の変化、高度の音楽性とたくらみ、ポストモダン性、芸術的自由と検閲など、多方面から社会学的に考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 概念の人物?ポピュラー音楽、反知性主義そしてビートルズ
  • 第2章 「マージービート」というレトリックからの脱出-ジョー・フラネリとの会話
  • 第3章 ザ・ビートルズと若者たちの風景
  • 第4章 レノン=マッカートニーと初期のブリティッシュ・インベイジョン、一九六四〜六六年
  • 第5章 フロム・ミー・トゥ・ユー-ビートルズの言語の禁欲と浪費
  • 第6章 『ホワイト・アルバム』はポストモダン
  • 第7章 ユー・キャント・ドゥ・ザット-ビートルズをめぐる芸術的自由と検閲
  • 第8章 テル・ミー・ホワット・ユー・シー-ビートルズ映画の影響と衝撃
  • 第9章 ビートルズの名声の遺産
  • 第10章 再結成されたファブ・フォー-ミュージック・ビデオの時代に売られるビートルズ
  • 第11章 「シッティング・イン・アン・イングリッシュ・ガーデン」-ビートルズと一九九〇年代のブリット・ポップ・グループの歌における「英国人気質」の表現法の比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビートルズの研究 : ポピュラー音楽と社会
著作者等 Inglis, Ian
古屋 隆
村上 直久
イングリス イアン
書名ヨミ ビートルズ ノ ケンキュウ : ポピュラー オンガク ト シャカイ
書名別名 The Beatles,popular music and society

Bitoruzu no kenkyu
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2005.6
ページ数 372p
大きさ 20cm
ISBN 4818813524
NCID BA72527257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20811371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想